楽天証券VS SBI証券使い勝手がいいのは○○証券!どっちも使ってみた

資産運用

はい!
楽天証券を開こうか、SBI証券にしようか、悩んでいる人の為に、
両方使っている僕が独断と偏見でレビューしたいと思います!!

結果、SBI証券がオススメなんですが、両方紹介していきたいと思います。
まぁそもそも、証券口座を開くのなんて、メリット・デメリットを考えながら開くものでもなくて、
完全にノリで開くものです。

ノリで開いた結果、両方口座があって、どちらのメリット・デメリットもわかるようになる状況です。
まぁいいでしょう・・・・
ここからは独断と偏見で書いていきますので悪しからず・・・

株を購入するにしても、投資信託を買うにしても、なにかで資産運用する時に、
SBI証券も楽天証券もほとんど手数料は変わりません!!

変わっても10円とか、そんなもん。
投資信託の購入手数料は0%の商品はどちらもあるし、
特に差はでません。

楽天証券を開設するメリット

楽天証券を開設するメリットは、3つ!

1、日経新聞が無料で読める!
2、株アプリが見やすい!
3、投資信託の積立購入で楽天ポイントが1%付く!

この3つです。

1、日経新聞が無料で読める!

これはかなりのアドバンテージです。
楽天証券を開設すると、日経新聞が無料で読めるようになります。
文字だけの簡易的なものですが、
株アプリを通じて無料で読むことができます。

通勤中にいつも新聞を広げる必要がなくなります。
狭い空間で新聞を読まなくても、携帯電話で日経新聞読めるようになります。

便利ですね~
毎月4000円程度の固定費も削減できます。
これを使いたいのであれば、楽天証券を開くといいでしょう。

2、株アプリが見やすい!

楽天証券ではiSpeedという株アプリを使います。
株式トレードの画面は一般に黒ベースが多いのですが、
楽天証券では白ベースです。
そのため、見やすい!

3、投資信託の積立購入で楽天ポイントが1%付く

これも大きなメリットの1つです。
投資の方法の1つで積み立て投資があります。
毎月同じタイミングで同じ銘柄を購入していくという投資手法です。
『ドルコスト平均法』とも言われていて、リスクを軽減することが可能です。

銘柄は、いつでも変えれますし、やめることもいつでもできます。
積立投資をすることがメリットではなく、
楽天ポイントが1%付くというのが、メリットです。
楽天証券で楽天クレジットカードを利用して積み立て投資ができます。(最高月5万円まで)
クレジットカードで積み立て投資をすることで、楽天ポイントが1%付くという仕組みです。
最高5万円なので、毎月500円の楽天ポイントが手に入ります。
年にすると6000円のポイント
これは大きいですよね。

積み立て投資で購入手数料0%の商品を選べば、手数料はかかりませんし、
日本国内の債券型投資信託を選べば、ほとんど値動きもなく、リスクがほぼ0でポイントだけが手に入るという
おいしい思いをすることが可能です。
事実、僕も楽天証券で積み立て投資をしています。

ノーロード明治安田社債アクティブという投資信託を毎月5万円
楽天クレジットカードで決済しています。
購入依頼、マイナスになったことはないですし、日々の変動も少ないです。
なのに、着実に積みあがってプラスという素晴らしいファンドです。

ポイントも毎月500ポイントついているので、
10万円を投資して、205円の評価益と1000ポイントで1205円分リターンを得ています。
たった2カ月で・・・・
素晴らしいと思います。

この3つが楽天証券を開くメリットです。

SBI証券を開くメリット

SBI証券を開くメリットは、1つです。
この1つで、上の楽天証券を開くメリットを上回ることができると思っています。

それは、

住信SBI銀行の圧倒的利便性

これに尽きます。
これまでいろいろと楽天証券のメリットを書いてきましたが、これを上回るメリットが
『利便性』です。

楽天証券を開いて、楽天銀行と連携させた場合、
入出金は、楽天銀行を通じて行うことになります。
※楽天証券を使って、住信SBI銀行を出金口座に指定も可能です。
ただリアルタイムで出金、入金ができない可能性があります。

証券口座を使って取引をするには、入金をする必要があります。
そして、儲けたお金を出金する必要もあります。
もしくは、他の口座に振り込む必要もあります。

そこで利用するのが、銀行口座になるのですが、
楽天銀行の場合、

すべての出金に216円~270円の手数料がかかり、
入金は3万円以上でないと、無料になりません

お金を出させない作戦なのかもしれませんね。
全部が全部この手数料というわけではなくて、楽天銀行では『ハッピープログラム』という制度を導入しています。
取引の状況に応じてATMなどの手数料を割引するよ~というサービスですね。

残高が100万円以上あればある程度利便性が出てくるかなと思いますが、
月5回だけの入出金無料だなんて、メイン口座として利用した場合には利便性が悪すぎます。

一方、住信SBI銀行では・・・


そもそも入金の手数料はゼロです!!

いくらでも手数料ゼロ円!
さらに!
スマートランクという制度があり、
ランクによって出金、他行あて振込みの手数料も無料に優遇されます。

月30万円以上の残高があれば、

月5回引き出し手数料が無料で、かつ他行あて振込み月3回まで無料になります!!

めちゃくちゃお得!
ほとんど何も考えずに、生活していれば月5回も引き出す事なんてありません。

この利便性、手数料ゼロがSBI証券を使うメリットです!
日常、株式相場で買うタイミングが来た時に
別の口座から引き出しして、手数料ゼロ円で入金が可能。

儲かったら、他行への振込も無料でできる。
なんていう利便性でしょうか!!

この利便性がよくて、メイン口座としてSBI証券を利用しています。
どちらも使いようだとは思いますが、日常取引メインとして利用するのはSBI証券
ポイントなど賢く使う用に楽天証券をオススメします!!

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

資産運用
S&P500の積立は優秀すぎる!楽天証券の毎日積立でコロナリスク回避

こんにちはー!! いつもですが、不定期のお久しぶりの更新となっています。 世の中はコロナウイルスに侵 …

資産運用
2019年のトータルリターンまとめ

こんにちはー!! 大晦日ですね。 なんだか大晦日な感じがしないこーちゃんです。 さて、今年は金融資産 …

資産状況
2019年12月14日の資産状況を公開します。社会人5年目にして金融資産500万超えました。

こんにちはー!! 久々の更新となります。 なぜか台湾旅行の記事が結構読まれていて、こんな金融資産の状 …